バレずに愛人をつくれる優良愛人サイト特集

自分の都合のいい時間で会えるところが魅力

自分にとって一番嬉しい時間は、仕事もなく、ゆったり出来る時間ではないでしょうか。
これは、人それぞれでしょうが、家族と過ごす・趣味に没頭するなど様々なことが考えられます。
ところが、愛人はこの時に一番合わせられるのが嬉しい点なのです。
特に、会社経営や責任者の位置にいる中年世代は、なかなかプライベートタイムを取ることが出来ません。
取れたら取れたで、家で寝て終わったでは、悲しいですよね。
だからこそ、愛人を作って楽しむ必要があります。
おススメなのは、相手がある程度暇な時間がある女性です。
正社員やバイトでも、定時で上がれる人、もしくは、
お水の世界でも、夜や夕方にこそっと会えるような関係であれば、問題ありません。
ちょっとした時間だけでいいのです。
基本的に会う目的は、軽く食事をしてセックスをすることがメインとなりますので、
半日もいません。もちろん、家やホテルで泊まれるような男性であれば、
自由に時間を使って大丈夫ですが、都合のいい時間帯を選びましょう。
言い方は、変ですが、コンビ二と似ています。
24時間コンビ二経営をしているお店であれば、いつでもサッと買い物して終わりです。
さらに、いつもいくお店なら安心です。
これと同じで、コンビ二的な要素を持つのが、愛人と考えればいいでしょう。
ちょっとした優越感に浸れる
男性は、プライドの高い生き物です。
理由は、仕事、学歴、などなど若い頃から競争社会に揉まれてきたからです。
「俺は、誰々よりもいい大学出て、いい会社で出世してきたんだ!」
このような意見を話す人って結構多いと聞きます。
ですから、それを保させる感情が、「優越感」です。
特にお酒が好きな人ならわかりますが、お酒で酔う感覚と、
優越感で羨望なまなざしを受けて、自分に酔っている瞬間では、大分違いますよね。
これを味わったら最後、また体験したいと考えます。
面白い事に愛人を囲っている男性は、これに浸る傾向が強いです。
例えば、もてない男性がいたとしますよね、彼女どころか女友達すら出来ない人であれば、
愛人がいる人を見たら、羨望な眼差しで見られるはず。
これに対して、囲う男性側は、とても気持ちのいい気分になります。
そう!愛人を持ってイキイキしている時期は、このような感覚に陥れる資格を得られます。
特に派手好きな人であればあるほど、自己顕示欲が満たされる瞬間です。
ただし、注意しなければならないポイントがあります。それは、自慢です。
人間、自分が幸せな時に限って自慢をしたくしょうがなくなります。
だからこそ、自重しつつも、いやらしくならない程度に、自慢しましょう。
下品で無粋であれば、愛人を持って優越感に浸ってもしょうがないのですから。

コンテンツ

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

サイトマップ

運営の詳細情報

サイト名
バレずに愛人をつくれる優良愛人サイト特集

運営者
snddg事務局

代表
貝塚 大祐

問い合わせ先アドレス
olivaterminfo@yahoo.co.jp